ムラがあるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 著作権って、誰のモノ???

<<   作成日時 : 2007/05/28 02:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いったい、著作権って、誰のモノなんでしょうか???
ミュージシャンではなく、やっぱりJASRACのものなんでしょうね。


<音楽保存サービス>ストレージ利用は著作権侵害 東京地裁
5月25日20時39分配信 毎日新聞
 インターネット上にデータを保存する「ストレージ」を利用し、ユーザーが自分のCDなどの音楽データを保存、いつでも携帯電話にダウンロードして聴けるサービスの提供が著作権侵害に当たるかどうかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(高部真規子裁判長)は25日、著作権侵害に当たるとの判断を示した。
 問題のサービスは、情報通信会社「イメージシティ」(東京都台東区)が05年11月から始めた「MYUTA」。ユーザーは音楽データをパソコンから同社のサーバーに保存し、携帯電話へのダウンロードはユーザー本人しかできない。
 このサービスに対し、日本音楽著作権協会(JASRAC)は著作権侵害だと指摘。同社はサービスを中止したうえで、同協会を相手に著作権侵害に当たらないことの確認を求めて提訴していた。
 訴訟で同社は「実質的にデータ複製や送信をするのはユーザー自身。不特定多数への送信はしておらず、著作権は侵害しない」と主張したが、判決は「システムの中枢になるサーバーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ」と判断。協会の許諾を受けない限り、著作権を侵害すると認定した。



 JASRACみたいなよくわからん団体がなぜあるのか、日本は不思議な国です。
 著作権 著作権って、なに連呼しているんでしょう??? すごいのになると、すでに作曲家がこの世からいないクラッシック音楽にも著作権料がかかっているみたいだし。
 しかしこの判決に沿うならば、iPodとかもダメってこと??? そもそも「iTunesミュージックストア」からのダウンロードも、日本は遅れていたし。そこでの金額も、洋楽は大体150円ぐらいなのに、邦楽はなぜか250〜300円とやたら高い。まぁ邦楽に興味の無い自分には関係ないですが、おかしな料金設定ですな。
 今までインターネットが無かった時代は、だれもその存在を気にしなかった訳ですが、ネットがこれだけ当たり前のものになってくると、その異常性を発見するネットユーザーが出てくる。政治経済に左右されやすいマスコミよりもむしろ信憑性の高い情報が発信されまくる・・・。

 それだけに、インターネットが国家によって管理・支配されたらオシマイですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
著作権って、誰のモノ??? ムラがあるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる