ムラがあるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマス・イブ・・・

<<   作成日時 : 2007/12/24 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・・・ですが、ちっとも寒くありません。雪どころか、夜の気温が12℃では冬らしくもありません。やはり地球温暖化による、降雪地域のさらなる北上なんでしょうか・・・?

 さて、クリスマス・イブのイベントといえば、サンタクロースによるプレゼント配送ですね。今年も、NORAD TRACKS SANTA 2007(http://www.noradsanta.org/jp/home.htm)があります。これは、世界のどこをサンタが走行中か、リアルタイムでみることができます。NORAD=ノーラッドとは、ミサイル攻撃や空襲に備えて空を監視する、アメリカ合衆国とカナダの二カ国連合の軍事組織です(←これはちょっと恐ろしい)が、そんな国家防衛機関が驚くべきことに毎年クリスマスイヴの夜が近づくと、“夢に満ちた”サービスを行っているんです。
 この際ですから「なんだ、軍事機構が子供を取り込むための偽善じゃん」という議論は捨てて、ぜひ追跡を見てみてください。

 どーでもいい話題をもう一つ。
 冬季オリンピックがあったアメリカ、ユタ州のソルトレイクシティーには、テロ対策も兼ねて、
「市の上空を飛ぶ航空機の最低高度は600m以上」
 と条例で定めているんですが、唯一例外が認められています。
 それは、「クリスマス・イブに限り、プレゼントを配るため家々の上空を通過するサンタクロースとトナカイは例外とする」と。
 こんなことを大マジメで条例に盛り込んでいるところが、夢があって、うらやましい。日本に、こんなオモシロいケースって、あるんだろうか?

 サンタに限らないけど、大人になっても、目に見えないものを認める遊び心みたいなものは大切で、それが小さい子(子供、若者)の夢を育てる・発展させることにつながるんじゃないでしょうか。「杓子定規な日本人」に一番欠けているものかもしれません。



※追記
2004年に、修正されそうになったみたいです。
 この件でソルトレイクシティーは、こうした項目があると、規則自体がいい加減に受け取られる恐れがあるため、定期的な見直しに合わせて修正することにした。航空局の委員会で削除を可決し、市議会に送った。「サンタへの嫌がらせではなく、プロフェッショナリズムの問題」と説明している。  
 市議会は来月、修正案を採決にかける。地元紙によれば、当日は多くの反対派市民が集まる予定という。市議会内も「サンタに規則破りをさせるのは気の毒」「4歳の息子はサンタを信じている」といった空気が支配的で、修正案は否決されるとみられている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスマス・イブ・・・ ムラがあるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる