ムラがあるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 忙しい・・・

<<   作成日時 : 2008/02/07 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 1月下旬から忙しい日々が続いております。帰宅時間も遅く、夕食も遅くなり、翌朝がツライ状態です。

 インフルエンザですが、爆発的な流行には至っていないようですね。当院近くの小学校で学級閉鎖がちらほら始まったものの、「学年閉鎖」などはないみたいだし。

 けどまだまだ油断禁物・・・と言っていたらもう花粉症の季節になります。当院外来でも「花粉症に備えて受診」する方も増えてきました。今のうちから抗アレルギー剤を服用し始め、花粉シーズンを乗り切る作戦でしょう。

 私自身は涙は出ないが鼻水がヒドく出るタイプの花粉症ですが、薬の効果について信じやすいタチ(?)なので、いわゆる抗ヒスタミン薬は副作用で無茶苦茶眠くなるため私の場合つかえません(→日中ボーッとして仕事にならない)。

 そこで点鼻のステロイドを今ぐらいの時期からちょっとずつ(本来1日4回のところを1日1回)で開始し、鼻の過敏度をコントロールしておきます。これなら眠くならないし、鼻の中だけの局所作用なので、内服のステロイドのような全身性の薬効は現れず、比較的安全に使える訳です。

 一番いいのは花粉症じゃないことなんだけどな・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私はスギ花粉症ですが、減感作療法を受けて2年目、今年は花粉の量が多いそうですが、症状が激しくならなければ“めっけもの”だと思っています。昨年は症状があまり出なかったけれど、花粉量が少なかったためかもしれないと、お医者様に言われて、少しがっかりしたのでした(良心的なドクターなのは確かですが……)。
管理人の先生は、“減感作”については、紺屋の白袴、ですか?
廣瀬_敏之
2008/02/07 04:26
廣瀬様 いつもありがとうございます。
 やはり忙しいこともあり 紺屋の白袴 になってしまっているかも。薬物療法が上手くいかない患者さんには勧めているんですけどね。
 あと情けないことに自分は注射が苦手でして・・・毎週注射するのは遠慮したいこともあり、一番手軽で調節可能な「点鼻タイプのステロイド」で行っています。

 あともう少しすれば、口の中(舌の下)にスギ花粉の溶液を滴下するだけの減感作療法が実用化されるはずなので、それを待ちたいと考えています(確か日本の開業医が考案し、患者さんの同意を得て現在試験を行なっているようです。効果が確立され、うまくいけばどこの医療機関でもやれるようになるはずです)。
Mozzy
2008/02/08 21:51
舌下滴下法の減感作療法、早く認可されるといいですね。
アレルギーのドクターのためにも、患者さんのためにも、ですよ。
廣瀬_敏之
2008/02/09 04:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
忙しい・・・ ムラがあるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる