ムラがあるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS こんにゃくゼリー訴訟

<<   作成日時 : 2009/03/04 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 やっぱりまた訴えるヒトが出てきましたね。
 マンナンライフの「蒟蒻畑」で窒息死させた親(神戸の事例)と、娘(名古屋の事例)のことがニュースに出ていましたが、昨年の7200万円の和解事例を見て、訴訟を起こすことを決意したのでしょうか???


 昨年の事例と言い今回のことと言い、なぜ親・保護者の責任が問われないのでしょうか? しかも子供1歳ですよ?!まだ離乳食の最終段階ぐらいじゃないですか。
 保護者の責任で、最初から食べさせないようにするのが常識だと思うのですが。いったい、この親達は、子供に何を食べさせていたんでしょう?

 これは児童虐待と同等の行為でしょう。保護者が責任を放棄していることが犯罪と思います。
 何故 児童虐待 で立件できないのでしょうか。訴えられたマンナンライフが反撃しないのが不思議です。


 これまでに餅を喉に詰まらせて亡くなった方の遺族が、餅製造業者さんを訴えるようになるのでしょうか?パンを喉に詰まらせて亡くなった方の遺族が、パン製造業者さんを訴えるようになるのでしょうか?
 
 餅には注意書きがあるから問題ない?餅は詰まりやすいという昔からの常識?はっきりと書いていないから食べさせた方ではなく作った側が悪い????????????

 日本という国が、狂ってきているようで心配です。


 自分たちの責任を棚に上げて、作った側の責任だと「責任転嫁」する世の中は狂っています。

 これでまた和解金?を手に入れるなんて、まるで保険金詐欺と同じではないでしょうか。


 これと同じことが許されるのなら、
・車で事故をして体が不自由になった。これは車のせいだから、車を作った企業に損害賠償を請求する!
・身内が包丁で殺された。これは包丁のせいだから、包丁を作った企業に損害賠償を請求する!
・テレビを見て目が悪くなった。これはテレビのせいだから、テレビを作った企業に損害賠償を請求する!
・パソコンやってて腱鞘炎になった。これはパソコンのせいだから、パソコンを作った企業に損害賠償を請求する!
・コップを落として、割れた破片で手を怪我した。これは割れたコップのせいだから、コップを作った企業に損害賠償を請求する・・・・・・・・

 なんかバカバカしい。アメリカみたい。最低。



 ちなみに日本では毎年1月には餅を喉に詰まらせて窒息する事例が全国で数百件あるんですよね。もちろんアメリカではそんなことはない(=餅を食べるという文化が無いから)。
 そのかわり・・・といっては何ですがアメリカでは毎年11〜12月には骨折のヒトが増えるらしい。
 理由はクリスマス用のイルミネーション・飾り付け中に、慣れない高所作業をして脚立から落ちて骨折ですって。


<資料>
厚生労働省 「食品による窒息の現状把握と原因分析」調査について
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/chissoku/jimu080508a.html
厚生労働省 「食品による窒息事故に関する研究結果等について」
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/chissoku/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんにゃくゼリー訴訟 ムラがあるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる