福井県立恐竜博物館 へ行ってきたーーー春の企画展  スプリングダイナソースタジオ

 行ってきました、福井県立恐竜博物館 !!!
 今回は、「春の企画展  スプリングダイナソースタジオ」(※5/10まで) と 荒木一成先生の「恐竜模型教室  ティラノサウルスを作ろう」への参加です。

 「恐竜模型教室  ティラノサウルスを作ろう」は事前申し込み制だったので、申し込み開始日に直ちに応募しておきました。
 これまでネット上で写真でしか見たことがない人に、直接会って直接模型制作の指導をしてもらえるなんて、夢のような企画です。
 息子と2人で参加しました。

 13時開始でしたが、早めに(12時35分)会場入りし、ゆっくりしていました。
画像

画像


 最初は15分ほど簡単に流れの説明があり、あとは荒木先生の指示どおり作業をしていくだけ。
画像

画像

 大勢を相手に、荒木先生は実演しながら粘土をつけていく作業を教えていくのですが、ササッとやっているように見えて、自分たちが実際にやるとなかなか思うようにいかない・・・

画像

 会場内を巡回され、ちょこっと指先で触れるだけで見違えるそのハンド(フィンガー?)パワーに釘付けとなりました。

画像


 時間は13時開始で、2時間30分かけてやっていくので結構駆け足、付き添いの親がかなりやってあげないと小学校1年生になったばかりの息子にはちょっとしんどかったかも。
 しかしどこをどうすればよいかのポイントを教授していただけたので、きちんと形になっていきました、感動。
画像

画像


 そして15時15分ごろから、参加者全員の作品をひとつずつ手にとり、お褒めの言葉とともにみんなへ披露していきます。
画像

 最初 テーブルの上に置いてあったのはまったく同じ 型 だったのに、出来上がったティラノサウルスは皆違う。
 これがおもしろいです。これが科学ですね。
 お互いに拍手をして、お互いの努力を褒め合いっこです。

画像

画像


 荒木先生もおっしゃっていましたが、子供は 色塗り が大好きですね。


 最後に作品も一緒に、記念撮影もできました。
画像

 その道 の一流の方に直接会って直接指導してもらえる経験は、なかなかできません。
 息子にとっても、 本当に貴重な体験が出来ました。 夏休み等に同様の企画があれば、また応募したいと思っています。



 表面的な作り方ではなく、内部からきちんと考察して造る・・・極めて科学的で、科学者です。
 これに限らず、どんなことでも 上っ面だけではダメ、と言えると思います。


 毎年職場にて、新人看護師のオリエンテーションがあって、自分がプレゼンをするのですが、この「骨格→筋肉→皮膚→完成」の話はとてもわかりやすいたとえとして活用させていただいています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

カズやん
2015年04月27日 20:41
荒木です。25日は教室にご参加いただき、ありがとうございました!
ジャングルに溶け込む色のティラノ、かっこいいです!
これからもよろしくお願いします!
Mozzy
2015年04月27日 20:58
荒木先生、いろいろありがとうございました!

 これまで掲示板や先生のブログで何度かやり取りしていたせいか、初めてお会いしたのに初めてではない感じが不思議でした。
 息子も帰宅後、何度も土曜日の話を姉や母親に自慢しています。
 今日もちょうど、19:30からNHKでやっていた古代生物関連の番組を見ていたらしく、ますます恐竜への興味がわいている様子です。
 また教室に参加して、いろいろ習得させたいと思います。また家でも修行させます!

この記事へのトラックバック