ムラがあるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福井県立恐竜博物館 へ行ってきた ー「特別展  恐竜の卵」ー と、恐竜ふれあい教室

<<   作成日時 : 2017/08/27 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 また行ってきました、福井県立恐竜博物館。

 今回は、「特別展 恐竜の卵」と、荒木一成先生の 恐竜ふれあい教室「親子で恐竜模型をつくろう!」 です。
 親子ふれあい教室は、応募資格の最後の学年(小3)で、事前申し込みの抽選で幸運にも当選したため、参加することが出来ました。

 特別展の方はまた後日 アップするとして、先に親子ふれあい教室の方を。


 13時開始ですが、12時30分に一番乗り
画像
画像


 今回は、羽毛恐竜のようです。

画像


 2年ほど前から荒木先生のブログ恐竜模型掲示板でやり取りをさせていただいていたため、今日も合間にいろいろお話しさせていただけました。

画像
画像


 2015年にも一度 教室に参加させていただいているし、この間 夏休みに必ず作成してきた(2015年夏2016年夏)ので、他の親子よりは慣れている方・・・もちろん指示に従ってやりながら、でもどんどん作り、細かいところを修正していただく、と言う感じでいけました。

 やっぱりスゴいんですよね、ちょっとだけ粘土を足すだけで グンと雰囲気が変わる、という魔法のような指先が

 そして最後には参加者全員の模型を手に取って、ひとつひとつ褒めてくださる
 参加した子供達は自身がつくし、なにより満足すると思います

画像



 今回も記念撮影を。

画像


 今年の夏休みに作ってきたトリケラトプスのことも いろいろ話してくれたため、息子は大喜びでした。

 なかなか お会いできる機会はないですが、その道のプロフェッショナルに直接会い、指導してもらえるというのは、子供にとってとても有意義なことだと思っています。



<8/28追記>

ウォッシングしました ・・・奥行きが出て、いい感じになりました〜
画像


トリケラトプスの水部分アップ・・・光に反射させるように写しました。爪楊枝で引っ掻きまくって、うねっている感じが分かるかと。
画像


ベース部分は、一番深そうなところを濃い緑(ビリジアン)等で塗装し、水際へ行くに従って徐々に薄い緑〜白っぽさへ筆塗りで表現(本当はエアブラシ塗装がよいのだが、もはや所有せず・・・)
その上からモデリングウォーターを載せるのだが、2液混合型より遥かに楽。
(もし波頭を白く目立たせるなら、マットメディウム等をちょいちょい使うこともありますが、)今回は息子の作品なので、ここまでとしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福井県立恐竜博物館 へ行ってきた ー「特別展  恐竜の卵」ー と、恐竜ふれあい教室 ムラがあるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる